<   2016年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

e0354421_08513969.jpg
ルブレサックは、小高い丘の上にある小さな村。村一周するのに30分もかからないほど。ここに3泊もする。早速スケッチ支度をしてホテルを出発、添乗員のTさんの案内でスケッチポイントを見てあるいた。カステルノーダリーで判明したが、同行の人達の凄腕さ。白日会の会員Kさん、準会員Hさん、二紀会の会員Oさん、アメリカのデズニーランドで絵を描くのが仕事といういわばプロのTさん。水彩画の正統派というところ。桁違いのうまさに言葉が出なかった。気を取り直してルブレサックでスケッチ三枚に浸った翌朝ベルカステルへ。
e0354421_21122837.jpg
e0354421_21084418.jpg
e0354421_21204242.jpg
e0354421_21212766.jpg
e0354421_21222362.jpg
e0354421_21240205.jpg
e0354421_20172834.jpg
e0354421_20270268.jpg
e0354421_20273823.jpg
e0354421_20425548.jpg

[PR]
e0354421_08513969.jpg

次の朝、カステルノーダリーと別れ、次の宿泊地、ルブレサックへの途中に立ち寄ったのが、赤い村、コロンジュ・ラ・ルージュ。その名の通り 建物の全ての色が濃いレンガ色。「フランスの最も美しい村」第1号だという小さな村。添乗員のTさんの先導でスケッチ場所を簡単に見て歩いた、わずか3時間程度の限られた時間で描いたのが2枚。その後大急ぎでルブレサックのホテルへ。
e0354421_20401571.jpg
e0354421_20420541.jpg
e0354421_20455051.jpg
e0354421_20463949.jpg
e0354421_20482176.jpg
e0354421_20484985.jpg

[PR]
e0354421_08513969.jpg

一度ツアーで訪れたことのある南西フランス。今回はスケッチツアーというので、張り切って参加した。講師なしのスケッチ旅行は今回が初めて。それだけにどんな旅行になるのか興味津々。エールフランス便でパリで乗り換え、ツールーズ着、その日のうちに最初の宿泊地「カステルノーダリー」まで。世界遺産ミディ運河畔の町、カステルノーダリー、名物郷土料理カスレでも有名なこの町のはずれにある4つの高低差のある水門を上下する船をいつまでもみつめていた。サンマルタン運河の時のように、、、。
e0354421_18301018.jpg
e0354421_20243382.jpg
e0354421_20293520.jpg
e0354421_20260541.jpg
e0354421_20263387.jpg
e0354421_18182100.jpg

[PR]
コルマールに着いたのがもう夕方近く、太陽も西に傾いていたが光と影を考えると逆にそのほうがいいかと時間がなかったが、大急ぎで写真を撮って歩いた。その中から1枚
e0354421_08383713.jpg

[PR]
赤い瓦屋根がかわいいらしい街、ゲンゲンバッハの旧市街。ローテンブルグのあの有名な建物そっくり、時間がなく簡単にスケッチ。その描き直してみた。この日は珍しく好天気でさわやかな一日だった。
e0354421_08461645.jpg

[PR]