<   2016年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

     旅行最終日は、スイス、レマン湖畔に位置するローザンヌと「レマン湖の花」とも称されるモルジュを散策してから、ジュネーブ空港から帰宅の途に。残念ながらこの日はスケッチなし。
e0354421_20373700.jpg
     レマン湖畔
e0354421_20380488.jpg
       湖畔の2人は何を思う
e0354421_20382660.jpg
       格式ある古城ホテル、「ル・シャトー・ド・ウーシー」、一度宿泊したい
e0354421_20490037.jpg
       モルジュにある「モルジュ城」
e0354421_20492501.jpg
モルジュ旧市街、この近郊にオードリーヘップバーンが晩年を過ごしたトロシュナ村がある。

[PR]
e0354421_07564879.jpg
     ストラスブールのプチット、フランス。10年前と少しも変わらず
e0354421_07592643.jpg
     ここも昼食時間を犠牲にして描いたが、あまりにも時間少ない
e0354421_07572353.jpg
     フランスの美しい村、リクヴィル
e0354421_08003135.jpg
     リクヴィルの光と影を描きたいのに、、、
e0354421_07574700.jpg
      コルマールの旧市街、夕日が差し込み、光と影を作り絵心をくすぐるが時間なし
e0354421_08041763.jpg
コルマール、小ベニス地区、絵葉書のような風景

[PR]
e0354421_17485922.jpg
シュトウットガルトの旧市街、この地でガソリンエンジンが開発されたとか。ベンツやポルシェの博物館。
e0354421_18025723.jpg
      やはり、散策後集合時刻まで時間がなくチョイ描き
e0354421_17495451.jpg
    マイン河の真珠、ミルテンブルクのマルクト広場
e0354421_17501421.jpg
     マルクト広場の片隅、木組みの家を描く
e0354421_18043179.jpg
e0354421_17503343.jpg
     オーデンの森に息づく木組みの町、ミッヒェルシュタット
e0354421_18011070.jpg
     マルクト広場付近
e0354421_18051789.jpg


[PR]
e0354421_17192581.jpg
     プロイセン王家であるホーエンツォレルン家の居城。現在も、最後の皇帝ウィルヘルム     2世の子孫が使用しているとか。
e0354421_17194740.jpg
e0354421_17201804.jpg
     ネッカー河沿いに佇む美しい大学の町、チュービンゲン
e0354421_17204027.jpg
     チュービンゲンの広場に建つ木組みの家、昼食抜きで描いたので腹ペコペコ。
e0354421_17211896.jpg


[PR]
e0354421_16550570.jpg
     黒い森とライン河にはさまれたフライブルク旧市街
e0354421_16553636.jpg
     ゲンゲンバッハ
e0354421_20260329.jpg
     ローテンブルクによく似ている(ここもわずかな散策時間を利用して描いた)
e0354421_16555098.jpg
     黒い森 最大のティティゼー湖
[PR]
e0354421_08144695.jpg

e0354421_11212074.jpg
旅行第1日目から雨の洗礼、向かった先はシャウフゼンのラインの滝。ヨーロッパ随一の水量を誇るとか、しかし雨で視界も悪く興ざめ。
     
e0354421_08045946.jpg
    小雨が降る中、軒下で傘をさして時間もなくこの程度しか描けず。
e0354421_11215006.jpg
   ボーデン湖に浮かぶ花の島、マイナウ島の散策
e0354421_11221888.jpg
ボーデン湖のライヒェナウ島のヨットハーバー付近、このあと霧と豪雨に見舞われ、視界ゼロに近い悪天候の中ホテルにひきあげた。まさに「黒い森」
[PR]
              リパリ島をブルー中心で描いてみた。今回はナイフを使用(油彩10P)
e0354421_16434113.jpg

              前回のイエローで描いたリパリ島(油彩10P)
e0354421_16451100.jpg

[PR]